カーテンを利用して

ソファに座る女

カーテンを使っていない人はいるでしょうか。確かにカーテンを使わない生活は、太陽の光で、日の出と共に目を覚ませるので、健康的な生活のようにも思えます。しかし、人には仕事や学業があり、それによっての生活のサイクルは人それぞれです。必要とする睡眠時間を確保するためには、カーテンで光をさえぎることも重要だといえます。 そこで使用すると良いのが『遮光性』のカーテンです。普通のカーテンでは光が入ってきてしまいますが、これを使えば光が入ってこなくなるので、快適な睡眠をとることができるようになります。部屋の間取りの関係でカーテンをしていても、「朝になるとまぶしくてたまらない」と感じている方は是非利用しましょう。

一級、二級、三級の遮光カーテンがあります。これは数字が少なくなるほど光が入ってくるのを防いでくれます。しかしながらお値段は数字が少なくなればなるほど高くなってしまいます。そのような場合はカーテンを使い分けてはどうでしょうか。まぶしくてしょうがないところには一級をつかって、他は二級を使うのです。どうでも良いところは等級が付いていない安い物でも十分でしょう。 太陽の光に弱くて今まで眠りが浅かった方も、この遮光カーテンを使用するようになれば、しっかりと眠ることができるようになる可能性もあります。しかし光が入ってこなくなるので、起床時間に起きられなくなるかもしれません。しっかりと目覚まし時計も用意しておきましょう。