照明を変えるメリット

ソファのあるリビング

LEDは夢の省エネ器具であると言われている。消費電力という点でも電気代が格段に安く済み、また、電球や蛍光灯と比べても交換をせずに半永久的に使える照明器具だからである。では、この夢の照明器具を何故企業は、そして会社は採用しないのだろうか。また、採用しても何故一部分の改装しかしないのだろうか。そこには、会社の経営状況が存在する。まず、普通の照明器具からLEDの照明器具に切り替えるだけでもかなりの工事費がかかるといわれている。更に、半永久的に球が持つといわれてもどれくらいで、元が取れるかという計算が絡んでくるからだ。また、事務所の改装や立替の時に、LEDにすればいいという意見も当然あるだろう。では、どのようなタイミングで工事を行ったら良いか、またどういう場合にはどちらを使ったらよいかを考えて見る事にしよう。

前述の中でも取り上げたように、LEDは一般的には節約につながる照明器具といわれているが、場合によっては必ずしも節約にはならないという事実もある。これは、ある意味では価値観の問題といえるだろう。では、幾つかの業種と業務に分けて考えてみよう。まず、規模にもよるが一般的な事務所であれば、LEDに変えた方が電気代や交換コストという点でメリットがあるだろう。ここで、細かい計算式をあげることは出来ないが、一般的にはそういえる。では、これが水銀灯を使う事業所やガソリンスタンドであればどうだろうか、この場合電気代ではやはり水銀灯よりLEDが上回るが、ガソリンスタンドなどの場合には、特殊な照明器具が必要になり、そもそも今ついている水銀灯を外してその器具を取り付けるとなると、かなりの費用になってしまう計算になる。こうなると、水銀灯からLEDに交換するメリットが、かなり薄れてしまうことになる。では、LEDへの交換を考えている事業所は当然の事ながら、様々状況とメリットとデメリットを考慮して最善の策をとってほしい。